2015/1/16

先輩の声 鈴木智詞
先輩の声 鈴木智詞

先輩の声 鈴木智詞

地域や人に、電気の仕事で貢献したい。

一段と明るい工場を見て、全ての苦労が報われた

今はこうして電気を扱う仕事をさせていただいていますが、大学では経済学部。電気の知識はほとんどありませんでした。
もともと地域や人に貢献できる仕事がしたいという気持ちが強かったこともあり、人の生活に必要不可欠な電気の仕事をしようと決意し、FDに飛び込みました。機械をいじることも多いので、ものづくりが好きな自分にはピッタリでしたね!
入社して1年も経たずに、大きな工場の照明を取替える仕事で親方をやらせていただきました。もちろん初めての経験だったので、指示を出すのには苦労しました。でも工事を終えて、全ての照明がパッとついた瞬間。工場内が一段と明るくなったのを見て、この仕事ならではのやりがいを感じました。やはり成果を自分の目で見れたり、お客様から直接感謝をいただけたりすると思わずガッツポーズしたくなりますね!

FDを目指すあなたへ

どんな仕事にも共通することだと思いますが、やる気が一番大事だと思います。やる気さえあれば、自分のように電気の知識がなくても大丈夫。慣れるまでは大変ですが、仕事に必要なことは現場で学ぶことができます。一緒に成長していきましょう!

ホームへ先頭へ前へ戻る